同伴もアフターも「お店の外でお客さんと接する」

キャバクラ嬢というお仕事に興味がない人でもきっと聞いたことがあるであろう「同伴」と「アフター」という言葉。
これからキャバクラで働こうかどうしようか考えている人は、余計に気になっていると思います。

どちらも、お店の外でお客さんと接すること、という点では変わりません。
では、どのような違いが両者にはあるのか、メリットやデメリットとともに1つずつ見ていきましょう。

同伴ってなに?

まずは、「同伴」から。
これは、キャバクラ嬢がお客さんと一緒にお店に行くこと。
出勤前にお客さんとお店の外で待ち合わせをし、一緒に店内へと入り、それからテーブルについていつも通りの接客をします。

お店の外では、主に食事を一緒に食べることが多いですね。
ご飯のお代はもちろんお客さん持ち。キャバクラ嬢は一緒にご飯を食べてお店に連れて行くだけ。
ちなみに、ご飯を食べずに、外で待ち合わせをして一緒にお店に行く行為も同伴と呼ばれます。

なぜこんなことをするのでしょうか。
キャバクラ嬢にとってのメリットは、確実に指名を受けることができる点にあります。
一緒にお店に行くのに、その後他のキャバ嬢を指名するなんてあり得ませんよね?

お店にとってもメリットが。
それは、確実にお客さんを連れて来てもらえること。
当然売り上げも上がります。
お客さんにとっては、普通のお店で食べたり飲んだりできるので、キャバクラ店よりも安い飲食代で好きな女性を独り占めできるというメリットがあります。

アフターってなに?

次は、「アフター」について。
これは、キャバクラ嬢がお客さんと一緒にお店を出ることを指して使う言葉。
お店でのお仕事が終わった後、お客さんと一緒にお店を出て、食事をしたりお酒を飲んだりカラオケに行ったりなどします。

これによって、キャバクラ嬢は、またこのお客さんの指名を受けられる可能性が高くなるというメリットがあります。
お客さんは、やはり好きな女性を独り占めできるという点で、優越感を感じることができます。

お店にとっても、アフターを頑張ってもらって次もお店に来てもらえれば売り上げが伸びるので、多くのお店でこれを容認しています。

キャバクラ嬢にとってとても大事なお仕事である同伴とアフター。
それによってお金が直接的に入るというわけではないものの、確実に指名や売り上げにつながり、それがお給料として返ってきます。
キャバクラ嬢として働くなら知っておきたい言葉ですし、実際に働き始めたら、積極的に取り組んでもらいたいお仕事でもありますね。