指名をもらう為に重要な「営業」

キャバクラ嬢は、お客さんに指名してもらえなければ、たくさんのお給料を受け取ることができません。
時給だけでも十分という人もいるかもしれませんけど、どうせ働くなら指名によるバックなども受け取って、たくさん稼ぎたいですよね?
指名を受けるためには、お客さんにお店に来てもらわないと何も始まらないんです。

そのために行うのが、「営業」です。
キャバクラ嬢の場合、電話やメールでこれを行います。

営業メールはお客さんにとってもキャバ嬢にとっても都合がいい

オススメはメール。
お客さんは当然ながら仕事をしている人が多い。
結婚していて、奥さんなどに内緒でキャバクラ通いをしている人も大勢います。
タイミングを間違えると大迷惑。そうなると、逆にお店に来てくれなくなってしまうかもしれません。

テキストによるメッセージであれば、お客さんは周囲にバレずにチェックできるでしょうし、キャバ嬢は文章や内容もじっくりと考えながら送ることができるので、どちらにとってもメリットが出てきますよね。

メールの文章はお客さんが気持ちいい気分になれるような内容にしよう

その文章や内容、これがとても大事!
「お店に来て!」と直接的に言いたくなるけど、これはあまり良くないパターン。
こんな内容で送られたら、お客さんは、「自分のことを金づるとしか思っていないのではないか?」と感じてしまいます。

「お店に来て欲しい」ではなく、「あなたに会いたい」という内容でまとめるのが効果的。
嘘っぽさが出ないように気をつけなければいけないけど、ニュアンスとしてはそういう感じにした方が、「しょうがないな、行ってやるか」という気持ちにお客さんもなるはずです。

「お店に来て」、「会いたい」、「寂しい」という内容ではなく、「今は何してるの?」、「ちょっと気になったから」という内容でまとめると、催促の雰囲気が出ていないので、お客さんに対してもプレッシャーがかかりません。

でも、お客さんからしてみると、「自分のことを気にしてくれている」という喜びが湧いてくるので嬉しく感じるはず。
「忙しかったら無理しないでね」、「お仕事がんばって」、「飲み過ぎたらダメですよ」といった相手を気遣っている内容も、お客さんにとっては嬉しく感じるでしょう。
その日はお店に来てくれなくても、「近々行こうかな」という気にはなってくれると思います。

電話をかけるにしても、同じように、伝える内容は工夫したいところ。
強い催促をするのではなく、相手を気にしたり気遣ったりする内容にした方が、お店に来てもらえる可能性はアップしますよ。

どうでしょうか、意外と簡単そうじゃないですか?
お客さんがお店に来たくなるような内容を考えるのも、なんだかゲームみたいで楽しそうですよね。
営業とは思わせないような営業、これを意識すれば、指名数も徐々に増え、たくさん稼げるようになるはずですよ!